• 201708 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
  • » 201710

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 美容ブログ 自爪ネイルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ ポリッシュ派(ネイル)へ
にほんブログ村

Pagetop

[Edit]

オーストラリア引越し体験記 ~結果発表!~

4軒のおうちに申し込みをした私たち。そのうち1軒目はNGとなりましたが、他はどうだったでしょう。

運命の4/12。

散々待たされた2軒目の物件の不動産屋さんから「グッドニュースよ。ようやく大家さんから承認下りました」と連絡が!!「やっとかよー」と思いつつも2人で小躍り。

すぐに敷金を支払う必要があったのでATMにお金を下ろしに行く途中、もう1本の電話が。

ナント、4軒目のビーチに程近い人気物件の不動産屋さんから「例の物件、まだ興味ありますか?大家さんから入居承認されました」との連絡がっ!

つまり、2軒のおうちの入居承認の連絡を約30分違いでもらってしまったのです

うわ~!どっちにしよーー!と今度は嬉しい悲鳴です。

正直言って4軒目はOKもらえると思ってませんでした。だって競争率高かったし、私が外国人というハンデがあるし(と自分で思い込んでました)。ほとんど競争率のなかった2軒目でこれだけ苦戦した私たち。こんな人気物件には見向きもされないだろう・・と思ってました。

しかも不動産屋さんいわく、「他の応募者で週の家賃を10ドルほど上乗せして申し込んできた人たちもいました。その値段でおふたりに貸したいと大家さんが提案していますが、どうでしょう?」とのこと。

ってことは、家賃を上乗せして申し込んできた人たちもいる中で、それでも私たちに貸したいと大家さんが思ってくれているということですよっ!

うちらって Chosen One ~選ばれし人~ じゃん

家賃が値上がりしたことで2軒目の物件と同じ家賃になりましが、私たちとしては問題ありませんでした。
夫が4軒目の物件がいたくお気に入りだったこと、私にとっても憧れの物件だったこと、大家さんと不動産屋さんの対応がこころよかったことなどを考慮し、結局その物件に決定しました

そんなわけで散々待たされた2軒目の物件の不動産屋さんにお断りの電話を入れました

夫:「先ほど入居承認の連絡をいただいたのですが、別のところからも承認の連絡をもらいそちらの物件に決めました。

不動産屋:「そうなんですか・・もしよければ早めに入居できるように手配しますので考え直してもらえませんか?

夫:「そちらの物件の方が仕事にも近くて便利なのと、家賃も少し安いので(← これは一応ハッタリです)。すみませんが、やはりそちらにします。

不動産屋さんにとっては、私たちを逃したら内見の募集をかけて応募者を審査して・・という作業を繰り返さなくてはいけないわけです。すんなりと私たちを承認しないで難癖つけた大家さんを恨んだことでしょう(笑)。

私たちとしては、その大家さんが渋ってくれたおかげで憧れのビーチそばの物件を手に入れたわけで、その大家さんに感謝ですね♪

そんなわけで新居から自転車で1分のところ↓
P1010618.jpg

ちなみに後で広告を確認したところ、その小うるさい大家さんの物件は10ドル値下げで再掲載されていました。約1週間後、それでも応募がなかったのかさらに10ドル値下げでようやく入居者が決まったらしく広告から削除されていました。

ざまあみろ と意地悪くも思ってしまいましたね。「入居者をえり好みしないこと」といういい教訓となったことでしょう♪
スポンサーサイト

にほんブログ村 美容ブログ 自爪ネイルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ ポリッシュ派(ネイル)へ
にほんブログ村

Pagetop

[Edit]

オーストラリアでの引っ越し体験 ~運命の連絡待ち~

内見編」で「申し込み用紙を提出したのが4軒」と書きました。その4軒のおうちはこんな感じ。

1軒目:大通りに面した物件。少しだけ海が見える。家賃安め。内部はまあまあ(うろ覚え

最初に内見した物件だったので記憶が曖昧 確か内部はそこそこ綺麗で庭もそれなりの大きさだったはず。張り切って申し込み用紙を記入したのですが、Reference の連絡先だけでなくサインも必要なことが判明 ( ̄□ ̄;)!!うちらの Reference は近所に住んでいないのでサインなしのまま提出。数日後、「NG」の連絡が来てあえなく撃沈 しかも、初めての申し込みで勝手が分からず、内見してから1週間後の提出になってしまったのもダメなポイントだったかも。

2軒目:リフォームしたてで内部は綺麗 家賃高め。お庭も広さはそこそこ。立地に難。

カーペットが敷かれたベッドルーム3つの物件。リフォームしたばかりで綺麗なので私はかなり気に入り、不動産屋さんに「今日中に申し込み用紙提出します!!」と猛アピール。実際、内見後2時間弱で書類提出しました。
内見に来ていたのは他に2組だけで、そのうち1組は用紙をもらわずに帰ったので「これはイケる!!」と思いましたね。

その後、別の場所で不動産屋さんとばったり出くわしてうちらのことを覚えていてくれたみたいで、「nice coupleみたいだし、きれいに住んでくれれば契約するよ」と言ってくれて期待感MAX

私は「こりゃ絶対イケるよ!!」とおおはしゃぎしてました。ただ、夫は立地に難があると思っていたようです。治安が悪いとかではないのですが、どちらかというと低所得者が住むような地域だったみたいですね。鍵付きのガレージではなかったので車を前庭に止めておくのを夫は不安に思ったようです。

書類を提出したとき、「だいたい1週間ぐらいで連絡します」と言われたその1週間後。連絡なし・・・。
うちらはもうすっかりその家に住む気持ちになっていて、あれ買わなきゃ、これ買わなきゃ~なんて浮かれていました。しかし2週間経っても音沙汰なし。。むむ、、これは家探し続けた方がいいかも。。ということで3軒目。

3軒目:湖の目の前。静かな通り。見晴らしが素晴らしい!!中身はしょぼしょぼ。家賃も高い。

見晴らしだけが取り柄のようなおうちでした。湖に面してバルコニーもついていたので、天気のいい日にこのバルコニーで湖を見ながらランチとか素敵~♪ とは思いましたが、それ以外の居住スペースやキッチンがあまりにもしょぼかったです。テンション半減。競争率はかなり高かったです。10組以上はいたかな。

この物件を見に行ったもう1つの理由。それは不動産屋が2軒目の物件のと同じだったのです。
なので「2軒目のあれ、どうなった?」っていう探りを入れようと思ったのです。

申し込み用紙をもらう人の列に並んでうちらの番が来たとき、不動産屋さんがうちらの顔を見て開口一番。
ごめんなさいね、例の物件。申し込み内容自体に問題はなかったのだけど、Affordability の点で大家さんが難色を示しているの。今住んでいるアパートとその物件との家賃の開きがあまりにあるということで。

は・・・?今ナント? うちらの給与明細と銀行残高見なかったの!?家賃に開きがありすぎるから「払えないだろう」って思っているってこと?????

これには腹が立ちましたね。。。不動産屋にいくら気に入ってもらえても最終決定は大家さん。2軒目はかなり「物言う感じ」の大家さんのようで、少し意欲が減退しました。

3軒目の物件は2軒目と不動産屋が同じということで、IDなどの書類は既に提出済み。なので用紙だけ記入して提出しにいきました。

4軒目:ビーチにほど近い。静かな通り。庭もキッチンも広い。部分的にリフォーム済み。

ずっと目をつけていた物件です。入居可能になるまでかなり長く広告に載っていて、「早く内見始まらないかな~」と楽しみにしていました。2軒目の物件に決まったと思い込んでいたので存在を忘れていましたが、慌てて内見を申し込みました。たぶん第2回目の内見じゃないかと思います。それでもかなりの数の人が来ていました。
「第2回でこの人の数じゃ無理だわな・・」と思いつつも書類を丁寧に仕上げて提出しました。

あとは連絡を待つのみです。
にほんブログ村 美容ブログ 自爪ネイルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ ポリッシュ派(ネイル)へ
にほんブログ村

Pagetop

[Edit]

オーストラリアでの引っ越し体験 ~申し込み編~

オーストラリアでの引っ越し体験談の続き。次は「申し込み」です。

申し込み用紙


物件の内見が終わり、気に入った物件があったら申し込み用紙をもらって記入します。
不動産屋によって内容は異なりますが、共通するところは以下のとおりです。

・個人情報(生年月日・現住所・年齢・電話番号・メールアドレス etc)
・引っ越す理由(現在住んでいるところが狭い、など)
・現住所の前に住んでいた場所と、Bond(敷金)が全額返ってきたかどうか
・職業、勤続年数、勤め先の住所と電話番号、給与額
・Reference(照会先)数名の名前と連絡先


上記の他に、身元を証明するIDのコピーや金銭的に問題がないことを証明する資料を提出します。

・パスポート
・出生証明書
・運転免許証(国際免許も可)
・銀行残高
・給与明細数か月分
・電気料金支払い明細 etc


これらの資料にはそれぞれ点数が付いていて、「100点以上の資料を提出すること」などと言われます。
日本人の場合はここが少し厄介です。

私の場合はパスポート、国際免許証、銀行残高、給与明細、電気料金支払い明細などを提出しました。
銀行残高と給与明細は日本語だったので、それを自前で翻訳しました。

どうしても点数が足りない場合は不動産屋さんに相談すると融通を利かせてくれることもあります。
「100点届かなくてもいいよ」と言ってくれたところもありました。

ある不動産屋さんに審査のポイントを聞くと、
Reference and Affordability
という答えが返ってきました。要は、身元を確認できる証人がいるか、および家賃を支払っていく能力があるか、ということですね。

これを聞いて私は日本の銀行残高と給与明細をしっかりと翻訳して「十分な資金があるよ」ということをアピールしました。Reference の部分はちょっと弱いので、そこは夫の親類や共通の友人の名前を借りました。

用紙の記入が終わったら不動産屋に直接持っていって提出するか、スキャンしてメールで送ります。
そして辛抱強く連絡を待ちましょう ( ̄人 ̄)
にほんブログ村 美容ブログ 自爪ネイルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ ポリッシュ派(ネイル)へ
にほんブログ村

Pagetop

[Edit]

オーストラリアでの引っ越し体験 ~内見編~

引越し体験記の続き。情報収集の後は内見です。

P1010612.jpg


気に入った物件があったらすぐに「内見したい (I would like to inspect)」と不動産屋に連絡してもいいですが、時間があればまず下見に行ってみましょう。

広告にはだいたい住所が載っているのでそこまで行ってみてくるわけです。どんなエリアか、道は広いか狭いか、駐車スペースは?などなど、やっぱり実際行ってみると「イメージと違った」なんてことも多々あります。
もちろんこの段階では家には入れません。

外から見てよさそうな物件だと思ったら不動産屋に内見の申し込みをします。

内見は自分たちだけのこともあるし、グループで行うこともあります。人気物件ともなると、すごい数の人が来ます。私が内見した物件での最高は30人くらいかな? もうそうなると「こりゃ望みないわ」と思ってしまいます。それだけ競争率が高いということですからね。

内見して、「申し込んでみようかな」と思えればその場で不動産屋さんに申し込み用紙をもらいます。ここでも他の人が用紙をもらっているかどうかチェックしておきましょう。素敵な物件ほど用紙をもらって帰る人が多いです。

私たちが内見したおうちで特に人気があったのは、

-町の中心部に近い
-ビーチに近い

物件でしたね。おそらく日本でも同じですよね?

内見が終わって申し込み用紙をもらったら次は用紙の記入です。それはまた次回に。

ちなみに私たちが内見したおうちは7軒。うち、申し込み用紙を提出したのが4軒。
下見に行ったけど内見はしなかったおうちは数知れずです

旦那は私が「物件下見しにいこー」というたびにうんざりという顔をしていました

でも楽しくないですか?おうち巡り。私だけかな・・?
にほんブログ村 美容ブログ 自爪ネイルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ ポリッシュ派(ネイル)へ
にほんブログ村

Pagetop

[Edit]

オーストラリアでの引っ越し体験 ~情報収集編~

私たちは先月アパートから一軒家への引越しを果たしたわけですが、そこに至るまでには長~い道のりがありました。

まず、物件を何で探すか。もちろん不動産屋さんに直接行って賃貸物件リストをもらってくるという手も有効です。でも、不動産屋もそれこそ星の数ほどあるし、一軒一軒周るのはとても大変。

そこでネットです

私が利用したのは以下の2つ。
http://www.realestate.com.au/rent
http://www.domain.com.au/

情報収集


どちらも「物件のタイプ(一軒家かアパートかなど)」「場所」「家賃」「部屋数」などを指定して検索すると条件に合った物件が検索されます。うちらの場合、「一軒家で部屋数は2部屋以上、家賃は週350ドル以下」という感じで検索していました。

毎回検索するのは大変なので、一度検索したら検索条件を保存しておきます。私の場合、検索条件に合う物件がでてきたらメールで配信してもらったり、RSS で受信できるように設定しました。

私の周りでは「realestate.com.au だけで十分」という人もいましたが、私は2つチェックしておいたよかったなと思いました。確かに挙がる物件は2つともほとんど同じです。でもたまに時差が生まれます。domain.com.au の方が早かったことが何回かありましたね。

私はこの情報収集を5ヶ月ほどやりました。普通はそんなに長い期間必要ありません
ただ単にいろんな物件を見て「この家素敵!」とか「うわーしょぼっ」とか楽しむために早い段階からやっていました(笑)。

実際に不動産屋さんに連絡を取ったりするのは引越し予定の6週間前あたりからです。ほとんどの物件には「いつから入居可能か」が記されています。「今すぐ可 (Available Now)」の物件もあれば、具体的な日程が記されているのもあります。

引越し時期が近づいてきたら、これまで収集した情報を元に行動に移します。次は「内見編」です。
にほんブログ村 美容ブログ 自爪ネイルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ ポリッシュ派(ネイル)へ
にほんブログ村

Pagetop


Profile

Cassis

Follow me on Pinterest

Author:Cassis
◆2008年にオージーの夫と結婚。その後日豪を行ったり来たり
◆QLD→NSWと渡り歩いて現在はVictoriaの田舎町在住
◆大好きなもの:旅行、猫。現在はポリッシュ(自爪派)に絶賛はまり中

コメント、リンク大歓迎です\(*^▽^*)/
-------
◆Married to an Aussie husband and living in Australia since 2008
◆Moved from QLD to NSW to VIC. Happily settled in a Victorian suburb :)
◆Loves travelling, cats, and nail polishes

Comments are always welcome, both in English and Japanese :)))

Latest Posts

Latest Comments

Blog Ranking

「ディープなオーストラリア」ランキングに参加しています。よかったらポチ♪っとしていってください。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ 自爪ネイルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ ポリッシュ派(ネイル)へ
にほんブログ村

Search

Blogroll (JP)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。